RSSリーダーで購読する
病院で薬だけと言ったのに診察料を取られていませんか
・請求書・受領書に分からない項目はありませんか
・分からないお金を請求されていませんか

患者の私たちと病院のためにもいい方法を考えましょう
診察はこの次にして薬だけ欲しい時、状態やその後の様子を聞かれませんでしたか?・・・・・それはいい病院です。・・・・・何も聞かずに処方箋を出す病院だったら直ぐに病院を変えたほうがいいですよ。

2009年01月30日

かかりつけ医のすすめ

かかりつけ医を持つことで大病院への患者集中を避けようという動きがあります。

何でもかんでも大病院へ行きたいという患者の気持ちは分からなくもないのですが、そのことが大病院の小児科や産婦人科の勤務医が減っている原因のひとつのような気もします。
病気に大小をつけてはいけませんが、緊急性の比較的低い患者を診ざるをえないことが、生死にかかわる救急患者をタライまわしにしてしまう原因のような気がします。

中には不心得な人たちもいて、日中は仕事が忙しいからと夜になって救急病院に行こうという人たちもいます。
救急患者を引き受ける大病院はこれでは忙しくて大変です。



健康な人でも年に何度か風邪を引きます。
そんな時にひどくなる前に近所の内科の開業医に行って薬を出してもらいましょう。
また、健康診断で引っかかったら相談に行きましょう。

そうこうして、かかりつけ医としてカルテを作ってもらっていれば、悪い病気でも早期に発見できるかもしれません。
年齢を重ねてくると、成人病が待ち受けています。
腰痛も別の病気が原因の時がありますから、気軽に相談をして専門医を紹介してもらいましょう。



病院嫌いだとか医者いらずだという人がある日ポックリと死んでしまうのは、隠れた病気に気づかなかっただけなんです。

昔のようなお偉い先生様がふんぞり返って診察するような病院なんかありません。

気軽に近所の内科医へ行ってみましょう







ラベル:かかりつけ医
posted by あすも at 09:50| Comment(38) | TrackBack(0) | 患者です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



 RSSリーダーで購読する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。