RSSリーダーで購読する
病院で薬だけと言ったのに診察料を取られていませんか
・請求書・受領書に分からない項目はありませんか
・分からないお金を請求されていませんか

患者の私たちと病院のためにもいい方法を考えましょう
診察はこの次にして薬だけ欲しい時、状態やその後の様子を聞かれませんでしたか?・・・・・それはいい病院です。・・・・・何も聞かずに処方箋を出す病院だったら直ぐに病院を変えたほうがいいですよ。

2007年08月08日

刑法第134条秘密漏示

守秘義務について、考えてみました。

とは言っても、医師は法律で規定されていますから、問題ないですね。
個人情報保護法との絡みもあって、現場では徹底されてきているようです。


しかし、医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・放射線技師等はそれぞれの法律で守秘義務が定められていますが、医療事務のお姉さんや清掃のおばさんはどうなのでしょう。
せいぜい職場の就業規則に定められている程度でしょう。
就業規則すらない医療機関もありますから要注意です。


「さっきのクレブスの患者さ〜」
「ああ、マーゲンの〜?」

窓口で隠語のつもりで得意げに話している事務屋さんを見かけた事があります。
部屋の奥で話しているならいざ知らず、たった今診察を終わった患者が重症患者だと分かってしまうじゃないですか。



外部の清掃業者に業務委託をしている病院では、秘密を守ろうという意識が薄いのか、指示されていないからいいだろうという意識の人が多いような気がしますよ。
世間話のつもりでしょうが、入院患者の病状が筒抜けです。



医療従事者が患者の情報や秘密を守るのは当たり前と思っているのは、経営者と免許所持者だけです。



開業医では患者がいなければ診察室にずかずかと入って行く業者もよく見かけますが、見ようと思えばカルテを覗くことも出来ます。彼らも商売ですから多少の知識はあり要注意です。



人気blogランキングへ
ラベル:守秘義務
posted by あすも at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



 RSSリーダーで購読する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。