RSSリーダーで購読する
病院で薬だけと言ったのに診察料を取られていませんか
・請求書・受領書に分からない項目はありませんか
・分からないお金を請求されていませんか

患者の私たちと病院のためにもいい方法を考えましょう
診察はこの次にして薬だけ欲しい時、状態やその後の様子を聞かれませんでしたか?・・・・・それはいい病院です。・・・・・何も聞かずに処方箋を出す病院だったら直ぐに病院を変えたほうがいいですよ。

2007年09月09日

救急の日

9月9日
救急の日です。

私の知っている大学病院の教授が言っていました。
「めでたい日じゃないんだから何もセレモニーはしない。」

ごもっともです
3月3日・5月5日・7月7日と同じには出来ませんよね


警察なら交通安全の日はあっても犯罪の日はないのと同じで、救急医療が表舞台に出るのではなく防災や予防医学を前面に出すべきだというお考えだったのでしょう。

この教授は既に亡くなった方なのですが医科大学の卒業ではなく医学専門学校を卒業して医師になった最後の世代の方でした。
そのあとを引き継いだ教え子の教授たちも表立った行事はしないものの、救急蘇生の講習会や高校生対象の体験看護実習などをやっているようです。


ところが大学の経営陣や成績・実績・名声の欲しいお偉いさんたちはマスコミを呼びテレビニュースに流し宣伝しています。
講習会や体験実習は特定の日のイベントに取ってつけたように行わず、地道に行うべき性質のものでしょう。

人はその立場で考え方も違うことは分かるのですが、亡くなったあの教授がおっしゃったように9月9日であっても患者受け入れ態勢を万全に行えるよう救急医療体制を整えた通常の日であって欲しいと願っています。



健全な医療を行うために正当な報酬を得るのは必要なことですが、より多くの報酬を得るために医療を利用して欲しくないものです。
教授もきっとそう思っている筈です。


人気blogランキングへ
ラベル:救急医療
posted by あすも at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



 RSSリーダーで購読する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。