RSSリーダーで購読する
病院で薬だけと言ったのに診察料を取られていませんか
・請求書・受領書に分からない項目はありませんか
・分からないお金を請求されていませんか

患者の私たちと病院のためにもいい方法を考えましょう
診察はこの次にして薬だけ欲しい時、状態やその後の様子を聞かれませんでしたか?・・・・・それはいい病院です。・・・・・何も聞かずに処方箋を出す病院だったら直ぐに病院を変えたほうがいいですよ。

2007年11月08日

混合医療

11月7日、混合診療についての国の判断は違法だと判決が下されました。



国が混合診療を禁じたのは、所得の有無や大小で医療格差が生じる恐れや、安全性確保することにあるようです。

国の判断は、一つの病気で保険診療と自由診療が行われた時は、一体の医療行為とみて保険は給付しない。 ということは、全額実費で払いなさいということです。


高度先進医療等の例外があるのですから、もう少し柔軟な運用を進めたほうがいいのではないでしょうか。
運用の中で医療格差が生じないように監視すべきであって、危険性があるからといってすべて禁止してしまうのは、いかにもお役人的発想です。

この裁判のこの患者さんに対する判決は当然といえば当然です。
しかし、この例だけではなく制度としてキッチリ改めるところは改めていただきたい。



しかし、これは私の思いだけで、これを声高に主張しようというわけではありません。
いろいろな事情が絡んでいる問題ですので、もう少し議論を重ねて欲しい。





混合診療って何のことですかとお思いの方も多いと思います。

ひとつの病気を保険証を提示して保険適用内で受けている時に、途中から別の有効な医療技術を受けたくても保険適用になっていない場合は自由診療として受けなければなりません。
これが混合診療と呼ばれます。

病気が別なら、同時期でも一方は保険診療でもう一方は自由診療としてもかまわないわけです。




健康保険証が使えない診療は他にもあります。

一番分かりやすいのは美容整形ですね。
豊胸術やシワ取りは病気治療ではありませんが、医師でなければ出来ない医療行為です。

次に交通事故です。
意外だと思うでしょうが、第三者によって傷つけられた時はその第三者が支払うのが当然でしょう
第三者行為による疾病は保険証は使えません。
ですが、交通事故のほとんどの場合は損害賠償保険で保険会社が支払います。

それから労災事故
仕事中の怪我や病気は労災保険で支払われますので、健康保険は使えません。

出産は病気ではありませんので、基本的には健康保険証は使えませんが、なんらかの異常や不安がある場合には保険扱いになります。

そして、保険証を使いたくないという場合
他の人にその治療を受けたことを極力知られたくない場合にあるようです。




人気blogランキングへ
posted by あすも at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



 RSSリーダーで購読する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。